信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2020.03.12

知らないと100%損をする 火災保険の3つの落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リフォーム,リノベーション,疑問,家,固定資産税

みなさん、こんにちは!街のリフォームメーカーの五十嵐です(^ ^)

最近、気温も上がって過ごしやすくなって来ましたね。

以前から紹介していました、

火災保険を使ったリフォームについてお話しさせて頂きます。

なんで火災保険がリフォームに使えるの?

火災保険がカバー・保証している損害は

火災・落雷・破裂・風災・雪災・雹災など

実は火災保険は幅広く保証されているんです(^ ^)

「火災保険は火事の際にしか使えない。保険金を受け取れない。」

と思っている人が多いと思います。

どのような判断で火災保険が適用される?

答えを先に言ってしまうとご加入先の保険会社のご判断になります!

ご加入先の保険会社の判断ひとつで、保険が降りたり・降りなかったり。

同じ、自然災害による損害度合いにも関わらず、ある人は保険が降りて、ある人は降りない。

読んで下さっている方が後者になるのはもったいないと思います!!

「うちは古いから降りないよ。」

「今、雨漏れはないから大丈夫かな。」

と思っている方いませんか?

しっかりとした手順を踏めば誰でも可能性はあります(^ ^)

後から気づいても遅い・・・

何事も期間があるように火災保険の申請にも期間があります。

それは3年になります。

「あの時の台風の被害が火災保険で直せたなんて・・・」

と4年後に嘆いても何もできません。

お家も人間と一緒で早期発見が大切です!

まとめ

今回の重要な項目は3つです!!

火災保険の保証範囲は火事だけじゃない

火災・落雷・破裂・風災・雪災・雹災など火災保険は幅広く保証されている!

しっかりとした手順を踏めば誰にでも可能性がある

ご加入先の保険会社目線のプロの判断が必要!

早期発見が一番大切

「うちは古いから降りないよ。」

「今、雨漏れはないから大丈夫かな。」の考えは落とし穴!

最後に

火災保険を使った工事や進捗は

工事事例や日々の現場でも更新しているので

そちらもチェックお願いします(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ