信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは

瓦・和瓦屋根について!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
瓦,和瓦,瓦屋根

こんにちは。リフォームメーカーの戸谷田です。
今回は、瓦・和瓦屋根について説明していきます!
瓦には三大メリットがあります。
1.耐久性  2.断熱性  3.遮音性の三つです!!!

1.耐久性
瓦の素材特有の耐久性です。
瓦は高温で焼き固めて作る焼き物なので、高温に対しての耐久性があります。
そして「焼き固める」という点で、古くから使われている土器や、壺、お皿など現存しているものがあります。
古代の土器なども同じ焼き物です。
それが、ある程度の形を保ったまま出土することもあり、経年に対しての耐久性があるという証明になりますね。

2.断熱性
瓦が他の屋根材と大きく違う点は、屋根下地と瓦の間に空気層があることです。(※他の屋根材で通気工法という、工法もあります)
瓦屋根の工法の場合は、屋根下地と瓦の間に空気層があり、熱が屋根下地に伝わりにくい構造になっています。

日本は夏場は高温多湿になる気候です。
昔は、エアコンは存在しなかったので、暑い夏をどう過ごすかを考えて住宅は作られていました。
日射から快適に過ごすために、瓦が使われてきたんですよ!

この通気層の役目は、窓に使われるペアガラスと同じです。
ガラスとガラスの間に空気層を断熱材のように使うことによって、熱や冷気をシャットアウトします。
瓦屋根の工法も同じ役目をするということです。

3.遮音性
意外と気になるのが雨音ですよね。
屋根材の違いにより、聞こえる雨音が違いますよね?
例えば、トタン屋根の場合は叩きつけるような『バタバタバタっ』みたいな音になります。
瓦屋根は素材が粘土(土)なので、音の吸収性が高いんです。
特に小さいお子さんがいるお宅は、音に敏感になりますよね?
雨の日に限って泣くってことはありませんか?それは多分、雨音が気になるからです。
小さなお子さんがいらっしゃるお家には、瓦屋根がおススメです。

しかーし、近年心配なのが地震ですよね。。。
瓦は頑丈で良い物なんですが、重さが難点なので耐震性でいくと考えちゃいますね。。
この点も踏まえて、検討してみて下さい!
屋根の重量計算も行ってるので、ご予約はお早めに!!!w

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ