信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするなら街のリフォームメーカー
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2021.03.13

【雨漏りが不安】ポイントは4つ!雨漏りの点検方法から修理,費用相場まで5分で解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
雨漏り 修理 費用

こんにちは!街のリフォームメーカーの五十嵐です^_^

この記事はこんなことを思っている人におすすめです!

『雨のときに、雨漏りする…』

『雨漏りしているけど、どこが原因かわからない…』

『雨漏りしているけど業者に見てもらうか迷っている…』

「雨が不安だな…」と思っている方や雨漏りのことを詳しく知りたい方に向けた記事になっています^_^

 

名称未設定-5

雨漏れの原因

雨漏れ修理方法

雨漏れを自分で調べる方法

雨漏れ修理費用相場

名称未設定-4

名称未設定-2

 

雨漏れの原因【実は〇〇が原因?!】

雨漏りと聞くと、屋根を思い浮かべる方が多いと思います!

しかし、現在では屋根材や工事技術の開発もあり

屋根より壁や窓のサッシ、給排水管の隙間から水が浸入するケースも少なくありません。

ただ、屋根をつたって滴り落ちてきた雨が壁の欠損箇所から侵入してきた場合

その侵入箇所と内部で沁みができている箇所が離れている場合が多く

専門知識があってもなお欠損箇所の特定はとても難しいです…

さらに、水が滴り落ちた箇所はあるにもかかわらず、どこにも外部に欠損箇所が見つからず

最終的に雨漏りではなく漏水または結露が原因だったというケースもあります。

【雨漏りの原因 】よくある4つ事例を解説!

雨漏れが起きる4つの代表的な原因を紹介していきます^_^

よくある4つの代表的な事例とは屋根、ベランダ、天窓、外壁です。

この4つの共通点として雨や紫外線が直接当たる部分ですよね。

つまり、お家を1番守ってくれている箇所ということになります!

定期的なメンテナンスや点検をしっかり行っていくことが雨漏りを防ぐ方法の1つです!

それでは、詳しく事例をみていきましょう^_^

 

【雨漏りの原因】代表事例1つ目・・・屋根

雨漏りと言って一番に屋根を考える方も多いのではないでしょうか!

実際に、最も雨風の影響を受ける場所のため、雨漏りの原因になりやすい箇所です。

 

【雨漏りの原因】代表事例2つ目・・・ベランダ

風雨にさらされることが多いベランダは、排水管や笠木(かさぎ)など

劣化しやすい部分が多くあります!

こういった劣化しやすい部分の隙間から雨水が侵入して、雨漏りをおこします。

 

【雨漏りの原因】代表事例3つ目・・・天窓

天窓は家の中でも風雨にさらされ、接合部分が多い箇所です!

天窓の窓枠はコーキングというもので隙間を埋めています。

天窓から雨漏りをおこしている場合はコーキングの劣化が原因の1つです。

実は雨漏りしやすいNo.1と言えるかもしれません。

コーキングの寿命は一般的に10年から15年と言われています。

外壁塗装の際に打ち替えまたは打ち増しをしてる方が多い印象です^_^

 

【雨漏りの原因】代表事例4つ目・・・外壁

強い雨が吹きつけると、ヒビ割れ部分や劣化しているシーリング材部分から雨水が侵入します。

また、屋根の破損であればひと目でわかりますが、外壁はそうはいきません。

なぜなら!外から見ると気付かないほどの細いヒビでも

1枚壁を割ってみたら大きなヒビだった…ということも可能性もゼロではありません。

雨漏れ修理方法と費用相場

ここでは、それぞれの修繕方法・修繕期間・修繕金額についてご紹介します。

修繕方法は雨漏りの箇所と原因によって変わってきます。

雨漏りの原因の4つの事例の沿ってご紹介します。

雨漏れ修理方法と費用相場・・・屋根

屋根からの雨漏りは、重力に従って下へ下へと被害が広がりやすかったり、台風などの外的

要因で棟板金(屋根頂上の部材)の交換や葺き替え工事になることが多いです!

簡単な補修、瓦の差し替え程度で済むことは稀と考えておきましょう!

 

屋根の雨漏り修理          費用相場

「スレート屋根の場合」

・スレートの差し替え/1枚当たり   5千~2万円

・棟板金の交換           10万~30万円

・屋根カバー工事          30万~80万円

・スレートの葺き替え        60万~100万円

 

「瓦屋根の場合」

・瓦の交換/1枚当たり        5千~2万円

・棟瓦の漆喰補修          15万~30万円

・瓦の葺き替え           80万~130万円

 

その他

・足場仮設             5万~20万円

・下地板の交換           10万~30万円

・破風板、軒天など木部の交換    10万~50万円

・天井の張替え           5万~15万円

雨漏れ修理方法と費用相場・・・ベランダ

ベランダの床部分は防水されていますが、経年劣化によってひび割れを起こします。

なので、10年~15年を目安に防水を取り替えてあげましょう。

手すり(笠木)からの雨漏りは、隙間を塞ぐか部品が変形している場合は交換をします!

 

ベランダの雨漏り修理        費用相場

・手すりコーキング補修/1m当たり  700~1,000円

・手すり交換            3万~10万円

・ベランダ防水工事         10万~30万円

・床下地交換            15万~20万円

・ベランダ軒張り替え        5万~20万円

・住宅本体木材の交換、補強     10万~50万円

雨漏れ修理方法と費用相場・・・窓サッシ

窓サッシからの雨漏りは、症状が軽度であれば

すぐにその隙間を埋めてあげれば大丈夫です!!

ただ、水が入り続けていた場合、サッシの下側の外壁

内壁自体まで腐食している可能性があります(T ^ T)

その場合は壁の張替えやサッシ自体の交換も必要になります!

 

窓サッシの雨漏り修理       費用相場

・コーキング補修/1m当たり    700~1,000円

・窓枠補修/1枚当たり       3万~10万円

・窓サッシ交換/1枚当たり     5万~30万円

・外壁の張替え・修繕       10万~30万円

・内部木材の交換、補強      10万~50万円

雨漏れ修理方法と費用相場・・・外壁

外壁からの雨漏りの場合、軽度であれば隙間を塞ぐだけで済みます!

しかし、少し離れた部屋まで水が行っていた場合は、壁の部分張替えなどが必要なケースがあります!

 

外壁の雨漏り修理       費用相場

・コーキング補修/1m当たり  700~1,000円

・ひび割れ補修/1m当たり   1,000~2,000円

・外壁の部分張替え・修繕   10万~30万円

・外壁のカバー工事      15万~60万円

・内部木材の交換、補強    10万~50万円

無料診断

雨漏りを自分で調べる方法【職人の手法を教えます!】

専門的な機械を使わずにまずは簡易的に雨漏りをしている箇所を調べる方法をご紹介します。

雨漏りしている可能性がある方や最近点検をしていない方は是非行ってみてください^_^

雨漏り点検方法:目視をして確認する

雨漏りをしている箇所は、室内から見ると、楕円形の黒ずんだ模様が浮かび上がります!

天井などに黒ずみがあると雨漏りしている可能性が高いです。

雨漏り点検方法:ヒビ割れしている

室内の塗装や外壁にヒビ割れを起こしている箇所を見つける。

雨漏り点検方法:瓦がずれ

屋根の瓦などを近くの高い建物から見る。

ずれていたり割れていたりする箇所は危険です。

雨漏り点検方法:コーキング材が剥げ

屋根や外壁などには家を建てるときにコーキング材が塗られています!

外から見たときに、色が剥がれていたり外壁の表面が剥がれていたりする箇所を見る!

雨漏り点検方法:放水をして特定する

目視をして雨漏りをしていそうな箇所が見つかったら、そこへ外側からホースで水を放水してみます!

この際、室内ではビニールシートを敷くなど室内へ水が入る対策をしておきます。

放水をして水が室内へ漏れてきた箇所は、雨漏り箇所と特定することができます!

まとめ

ここまでご視聴頂きありがとうございます^_^

正直、雨漏りが初めて起きてしまった方は、雨漏りの原因を見つけるのは大変難しいと思います。

雨漏りのチェックポイント4つをおさらいしていきましょう!

よくある4つの代表的な事例とは屋根、ベランダ、天窓、外壁です!

雨漏りをおこしている場合はまずはこの4つを確認してみましょう。

今回お伝えた、雨漏りの原因の見つけ方を実施しても原因がわからなかった方は、

1度リフォーム業者に調査してもらった方がいいかもしれません。

プロならではの、経験と知識からくる細かい調査や見方があります!!

お見積もりご相談は無料ですので、少しでもご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいm(_ _)m

名称未設定-43

名称未設定-5

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ