信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2017.05.10

外装リフォーム 屋根葺き替え(カバー工法)屋根材紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

こんにちは。リフォームメーカーの戸谷田です。
前回に引き続き横浜市旭区の屋根の葺き替え施工中のお宅を紹介していきたいと思います。
前回、紹介しきれなかった細かい仕様・部分を説明していきます。
まず、屋根本体のジョイント部の写真です。
このジョイント部の隙間は3㎜という規定があります。

横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法 

この屋根材は、ニチハ独自の本体形状で施工性においても優位性を発揮し、本体同士の結合の際には、左右のジョイント部が差し込み仕様になっています。

横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法 横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法 横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法

さらに本体の裏側には、断熱材(硬質ウレタンフォーム)にアルミラミネート加工紙が一体型になっている為、別工程で断熱材など敷き詰める必要がありません。
その上、硬質ウレタンフォームにより遮音性も良くなり、雨音を軽減してくれます。
一体型の為、施工時に本体の上に乗っても潰れにくくなっています。

横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法

次にセットバックスターターのコーナー部分はこのように斜にカットして取り付けていきます。

横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法 横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法

また、アンテナの下を施工する場合は片側の足を上げて屋根を葺いた後、屋根材にキズがつかないように養生をして施工していきます。

 

皆さんこれから梅雨の季節が来ますね。梅雨時期は屋根はいじらない方がいいでしょ?と、よく聞かれますが天気予報を確認しながら、工事日程を組み施工していきますので特に問題ありません。
例として、丁度この作業した日の夜に雨が降る予報だったので雨仕舞を行いました。

横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法 横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法 横浜,リフォーム,屋根,葺き替え,カバー工法

このように施工中に雨が降ってしまっても、しっかりと雨仕舞を行えば安心です。

引き続き施工状況をアップしていきます。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ