信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2017.10.13

スケルトン店舗リフォーム トリミングサロン~サッシ解体から枠組みなど~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜市 瀬谷区相沢 トリミングサロン

こんにちは。リフォームメーカーの戸谷田です。
今回はトリミングサロンを開業するのでと内装工事のご依頼がありました。
まず、施主様が考えている内装のイメージを紙にざっくりと書いていただき、そのイメージの内容が可能な工事かを一つずつ確認していきます。
その中で、僕の経験などを活かし提案もさせて頂きより良い空間を目指していきます。
これから工事を考えている方などは、最初のイメージは欲張るくらいでちょうどいいと思います。その中から消去法などで絞っていくと良いと思います。

施工現場

施工前の写真になります。
右が出入り口とフロントができ、目隠し壁の裏に作業代などを置き、左の壁にシンクなどがきます。
これから工事を進めていきます。

まず、既存で付いていたトイレを撤去します。

外したトイレはまた取り付けるので汚れやキズなどが付かないように養生をして保管します。

次に出入り口のアルミサッシを撤去していきます。
また、使いたいので綺麗に外してほしいと店舗オーナー様に頼まれたので慎重に作業をしていきます。

綺麗に外れて良かったです!

出入り口には左側に大きい窓がつき、右側に開き戸のドアが付くのでその枠下地を組んでいきます。

枠組みが完了しました。
ここでの注意点として、元々付いていたサッシは引き戸だった為、同じ位置に枠を組んでしまうとドアノブがシャッターに当ってしまう為少し店舗内にズラして施工しました。

続いて、洗面台、シンク、洗濯機などの配管の施工になります。
既存ではストレートで塩ビパイプが出ていたんですが三カ所の排水を捌ききるようにするため、ジョイントを通常の90度のジョイントではなく複数のジョイントができる物を使います。
ここでの注意ポイントは三カ所がしっかりと排水されるように勾配に気を付けていきます。
勾配がうまく取れなかったので、床を解体して排水の位置を下げて施工しました。

担当社員より一言

引き続き店舗リフォームを紹介していきますのでご覧下さい。

弊社では店舗の工事などもおこなってますので、お気軽に相談下さい。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ