信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2017.09.22

門扉新設リフォーム~門扉施工・注意点など~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県 横浜市旭区 A様邸

こんにちは。リフォームメーカーの戸谷田です。
今回は横浜市旭区で過去に施工させて頂いた、お客様より門扉の新設を依頼されました。
門扉のメリット・デメリットの説明していきます。
まず門扉があるのと、ないのでは防犯性でもかなり変わってきます。
門扉が閉まっている状態だと、人は中に入りずらくなります。
また門扉がないと、行動との区別がつきにくい為、遊んでいる子供などが誤って入ってしまうこともあります。
また、飛び出し防止の面でも安全になります。
門扉がないとお子様やペットが飛び出してしまう事故が起きやすくなります。門扉があれば、扉を開ける際に安全確認をするきかっけができますね。
リフォームする際の注意点として、基礎工事がとても重要になります。
基礎工事がおろそかになると、門扉が傾いてしまったりと機能が半減してしまいます。
位置変更の際に『住居表示』を実施するエリアにお住まいの方が門扉の位置変更や新設する場合は自治体へ住居表示の届け出をしなくてはいけないのでご注意を。
ここから施工の説明をしていきます。

施工現場

まず、門扉を設置する箇所に穴を掘っていきます。

同様に作業していきます。

十分に穴が掘れたらそこに、モルタルを流して柱を立てていきます。
こちらにはポストも新設するので同様に立てます。

水平器を使って傾きなどのチェックを念入りにしていきます。
傾いたままモルタルが固まってしまうと補修がとっても大変なので慎重に作業していきます。

初日の作業は以上になります。
しっかりモルタルが固まるまで養生します。

別日に扉などを組立たら完了になります。

お客様の声

門扉がついたおかげで、今まで夜に帰宅した時怖かったんですが、簡単に入って来れないので安心しました。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ