信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2019.02.28

屋根工事 カバー工法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県横浜市I様邸

屋根材の寿命は様々で、立地条件により異なる場合があります。陽当りのよい屋根、陽があたらない屋根、潮風があたる屋根、大きな木が横にある屋根など。屋根はご自分で確認できないのと、見る事ができても、良いのか、悪いのかの判断も難しいと思います。下屋根があるお宅はベランダや窓から見て、当初と色が変わってきた事は解ると思いますが。まず工事代が掛かるのでのでまだ大丈夫、もう少し大丈夫。と思っているうちに、なるべく見ない様にしがちですね。あまり放置しておいて、雨漏りがしてからあわてる方も少なくはありません。雨漏りが酷くなると、下地や内装まで影響が及び、結果早く手を打っておいた方が安く済んだ事も多々あります。今回ご紹介するお宅は雨樋が外れたまま何年か放置されていました。自然災害であればご加入中の火災保険で対応してくれるケースがあります。今回も自然災害で雨樋が破損していたので寸法、写真を撮る為に屋根にあがって見たら、カラーベストが傷んでいて防水塗装が剥がれていました。塗装が剥がれているだけであれば再塗装をすれば済むのですが、屋根材が変形して浮きが発生していました。ご主人様に報告したところ、かなり傷んでいるだろうとは思っていたんだよ。と、気にはされていたようでした。まだ住むので何とかしたい。とのお言葉から樋工事と共にガルバリウム鋼板のカバー工事をすることになりました。

施工現場

屋根表面には苔が繁殖して滑りやすい状態になっていました。屋根の上に乗るだけで苔が剥がれ、カラーベストの地肌を露出してしまう状況です。

カラーベスト(屋根材)の防水が剥がれ、地肌が露出した状態です。この状態ですと雨水が浸透してさらに屋根材の寿命が損なわれます。

こすると剥がれ、どんどん屋根材としての役割を全うできなくなります。ここまで来てからの塗装はあまりお勧めできなく、塗れない事はありませんが耐久性が損なわれます。ある時期だけ持たせるのであれば、塗装と言う対策もいいでしょうが、今回の施主様はずっと住みたい、屋根の心配はもうしたくない。とのご要望で上から新しい屋根材を被せる「カバー工法」を施工する事となりました。

玄関上の下屋根に関しては、大屋根よりも陽当りが無い為にそこまでは傷んでいませんでしたが全てを施工する事に致しました。

よく見ると、棟板金の上から釘を打ちつけており、抜けかけていました。

いよいよ工事着工です。今回は雨樋交換工事も同時に施工するために仮設足場をかけてからの工事になりました。まず屋根のてっぺんの棟板金を下地の貫板毎外して、換気棟用の穴をあけます。

役物を外して屋根全体に防水工事をします。接着剤が付いているルーフィングで古い屋根材に貼り付けていきます。

ガルバリウム鋼板の横の繋ぎに雨水が浸入しても大丈夫なような対策もしていきます。雪止め金具も既定の位置に取り付けていきます。

屋根材をすべて葺いていったら最後に換気棟の設置です。棟板金の下地は木の貫板から樹脂の貫板に変更して耐久性を高めていきます。

大屋根の完成です。

お客様の声

これで雨が降っても安心して過ごせます、不具合だった雨戸もサービスで直して戴きありがとうございます。

担当社員より一言

実は今回のお宅はご主人様曰く、雨漏りがたまにしていたんだよ。と言われ、もっと早く対策しなくてはいけませんよ。と笑い話で済みましたが大事にならなくて良かったです。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ