信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2017.09.05

キッチンにもいろいろある! キッチンの種類を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キッチンにもいろいろある! キッチンの種類を紹介

アイランドキッチンやペニンシュラキッチンなど、キッチンのタイプにはいろいろなものがあります。
それぞれ異なった特徴を持っていて、使い勝手も大きく違うもの。毎日料理をするのであれば、自分の好みに合ったキッチンを手に入れたいですよね。

ここでは代表的なキッチンの種類や、それぞれの特徴や魅力についてご紹介します。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、「アイランド(島)」という名前のとおり、キッチンが壁に接することなく、島のように独立しているタイプです。
全方向からキッチンを囲むことができ、また開放感もあることから、ホームパーティなどをよく開くという人たちの間で人気が高まっています。

リフォームで取り付ける場合は比較的広めのスペースが必要になりますが、その分複数の人が一緒にキッチンに立てるなど、広さを活かしたメリットがたくさんあるキッチンです。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラとは英語で「半島」を意味します。

つまりペニンシュラキッチンとは半島のように、左右のどちらか一方だけが壁に接しているタイプのキッチンということ。
開放感を残しつつ、アイランド型よりも省スペースで設置することができます。

またアイランド型であると、油汚れが床に飛んだり、換気扇を天井から吊り下げる必要があったりしますが、ペニンシュラキッチンは一部が壁に接していますので、そこにコンロを設置することで油の飛散を抑制したり、壁付けの換気扇を使ったりすることが可能です。

L型キッチン

コンロとシンクが90度、つまりL字型に向かい合うタイプのキッチンです。

コンロとシンクが一直線になっているタイプよりも作業スペースが広めにとれます。
コンロとシンクが向かい合って近接することから、スペースの広さのわりに作業ごとの横移動が少なく済み、作業効率が良くなるという点もメリットでしょう。
ただ、L字に曲がったコーナー部分がデッドスペースになることもありますので、リフォームでL型キッチンを検討している場合は、

セパレート型キッチン

「別々」という意味を持つセパレートタイプのキッチンは、文字通りコンロとシンクが別々のカウンターに設置されたタイプのキッチンです。
壁側にコンロを設置し、その前に立ったときの背面側にシンクや食器洗浄機などを設置したカウンターを配置することが一般的です。

一直線になった二つのカウンターが並んでいることから、II型キッチンとも呼ばれています(Iが一直線のカウンターを意味しています)。
広めのスペースを確保できますので、親子で料理をしたりすることが多い方におすすめです。

クローズキッチン

クローズキッチン

キッチン自体の種類とは少し違いますが、キッチンがリビングやダイニングから独立し、ひとつの個室のようになっているクローズキッチンというタイプがあります。
独立空間の中で料理をすることができるので、集中して料理したい方に人気のタイプです。

またニオイや煙がリビングやダイニングに広がらないというメリットがあります。
ただし独立している分、閉塞感が出やすくなります。人によっては窓を設置するなどして、暗さや閉塞感を解消する必要がある場合もあるでしょう。

以上、代表的なキッチンの種類のご紹介でした。人によってはかなり長い時間を過ごすことになるキッチン。
ここで紹介したことを参考にして、自分にとって最適なものを選んでくださいね。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ