信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは

増改築

リフォームと増改築の違い

最近でこそリフォームという言葉が定着してきましたが、以前は住まいを改修することは増改築と言われていました。

今でも増築、改築という言葉を使う人はいますが、ここでは言葉の定義について解説します。

そもそもリフォームという英語は存在しません。いわゆる和製英語で、居住している住宅の内装や外装を改築・改装することを意味します。

つまり、リフォームとは、「増築、改築、改装のすべてを含むもの」という意味で使われています。

増築、改築、改装のそれぞれの意味は以下のとおりです。


・増築

増築とは、住居の床面積を増やすことです。

根本的に構造から作り直すケースもあれば、同じ敷地に新しい建物などを作ることもあります。

1階建ての建物を2階建てにするのも増築になります。


・改築

改築とは、「建築物の全部若しくは一部を除却し、又はこれらの部分が災害等によって滅失した後引き続きこれと用途、規模、構造の著しく異ならない建築物を建てること」と建築基準法に規定されています。

もっとわかりやすく言うと、床面積を変えずに建造物の全部または一部を新しく作り直すことです。


・改装

改装とは、間取りを変更することなく建物などの外観・設備、または内外装を改めることで、模様替えともいいます。

リノベーションとは

リノベーションとは、既にある建物の一部を利用したり,それに大規模な工事をして、新築よりも性能を向上させたり価値を高めたりすることです。

ただ直したり新しく建築するだけならリフォームですが、新しく改良してデザイン性がアップしたり、新しいライフスタイルに合わせて斬新な間取りや内外装にすることがリノベーションです。


例えば、耐震性を高めるための補修をすることや、リビングとダイニングキッチンの間仕切りを取り払って洒落たデザインにするというものがあります。

リフォームとリノベーションの違い

「リフォーム」にはマイナスの状態にあるものを復元させるという意味がありますが、「リノベーション」には新しい機能を備えたり価値をアップさせるという意味があります。

ただ2つの意味の違いは、曖昧なまま使われているのが現状ですが、次の2つの点で区別できます。

(1)大掛かりな工事かどうか

設備を取り替えたり修理するだけの小規模な工事であればリフォームになります。

例えば、壁紙を貼り替えたり、ユニットバスの取替えなどです。

これに対して、大掛かりな工事をする場合はリノベーションになります。

例えば、間取りの変更、配水管の位置の変更などです。

(2)新築時の性能よりアップしているか

リフォームはマイナスの状態を復元させるというものなので、良くて新築時の性能と同じレベル、あるいはそれ以下です。

ところが、リノベーションと言えるためには新築時よりも性能はアップしていなければなりません。

リノベーションが優れているところ

(1)設計の自由さ

人が自分の住居にライフスタイルを合わせるというのは自然なことではありません。

むしろ住居を人のライフスタイルに合わせる方が自然のことです。

だれでも自分の着る服は自分の好みに合わせて選びます。

それと同じように自分の好みやライフスタイルに合った住居を自由に設計することは大切なことです。

自分だけのオンリーワンの空間を作れるのがイノベーションの魅力です。

(2)選択の幅が広がる

新築物件のみから選ぶとなると、自分の希望条件を満たしてくれる一戸建てやマンションを探すのはとても苦労します。 希望の物件がないため仕方なく妥協せざるをえないということがよくあるのです。 ところが、イノベーションすることを前提に物件を探せば、選択の幅は広くなります。 新築にこだわることもなく、中古物件も選択肢に入ってくるからです。

(3)新築より低コスト

新築を購入する場合とリノベーションをする前提で中古物件を購入する場合を比較すると、中古物件を購入する方が安くなることがあります。 ただし条件が同じ物件に限った話です。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ