信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは

トイレ

トイレリフォームの方法 

トイレは和式と洋式の2種類があり、リフォームの方法もそれぞれ異なります。

(1)和式トイレの場合

(1)和式トイレの場合

和式トイレというのは足場の台がちょっと高い構造になっているため、そのことを考慮してリフォームを行わなければなりません。
同じサイズの便器に取り替える場合なら問題ないのですが、ちょっと大きめのものに取り替える場合には事前にサイズの確認をしておく必要があります。

しっかりと下調べをしておかないと、取り付ける段階になって初めて給水管、排水管の接続が収まりきらない事に気が付くことになります。
和式トイレの場合は構造がシンプルですので、リフォームは比較的簡単にできます。
これに対して洋式トイレであれば、ウォッシュレットや便座ヒーターを取り付けなければいけないので、リフォームするのにも手間がかかります。

また、水漏れがあっても排水が簡単にできるので工事に手間取ることはありませんし、便器の種類も豊富で選びやすいというメリットもあります。
ただ和式トイレのリフォームは排水される場所がトイレの下ですので、工事に手間がかかるため時間的な余裕が必要となります。

高齢化世帯が増加したため、最近では和式から洋式へ切り替えが増加中です。

(2)洋式トイレの場合


(2)洋式トイレの場合

和式トイレは人体と接触して使用されることはありませんが、洋式トイレは便座に座って用を足すため劣化しやすい傾向があります。
そのため和式よりも洋式の方がコストはかかります。

洋式トイレのリフォームで多いのはウォッシュレットや便座ヒーターの設置ですが、どのように設置するかということ考えて工事する必要があります。
ウォッシュレットや便座ヒーターを設置するとトイレは快適な空間になるのですが、高価なものですので費用をあまりかけたくない人には向いていません。
安易に設置を決定するのではなく、費用とそれによって得られるものとは考慮して慎重に検討しましょう。

洋式トイレの場合は、貯水タンクを壁の内部に埋め込んで、トイレ空間を広くできるのがメリットです。 また、和式と違って便座のフタでにおいを遮断できるというメリットもあります。

トイレリフォームの3つのポイント

トイレをリフォームする際に次の3つのポイントに注意すれば、トラブルもなくリフォームできます。

(1)なぜリフォームするのかをはっきりとさせる


トイレリフォームをしたい理由はそれぞれの家庭で異なるでしょう。
ウォッシュレットをつけて快適な空間にしたい、便座が古くなったので新しくしたい、高齢者がいるので手すりをつけたいなど様々なものがあります。
まずは目的をはっきりとさせます。行き当たりばったりで計画性がないのは失敗の元です。

(2)トイレの広さや状況を把握しておく

便器のサイズを選ぶ際に、トイレ空間が実際にどのくらいの広さなのか知っておく必要があります。
ウォッシュレットや便座ヒーターを設置する際には電源が必要ですので、コンセントの位置も把握しておきましょう。

(3)事前に予算を決めておく

リフォームにかかる費用は、便座や機器などの価格だけでなく施工したり、工事する費用もかかってきます。
事前に予算を決めずに検討すると、支払えないようなリフォーム代金になってしまうので注意が必要です。

トイレリフォームのベストタイミング

トイレには和式と洋式の2種類があり、便器から水を流す構造や便座があるかどうかなど異なる点があります。

そのため、リフォームする時期はそれぞれの事情により異なってきます。
トイレリフォームは構造から変える場合もあれば、装置を交換して簡単にできる場合もあります。
和式と洋式をひとくくりにして、この時期にリフォームするのがいいといいにくい面があるのです。

ただ10~20年経過すると各部品は傷んでくるので、その時期を目安に点検してリフォームの必要性を検討するといいでしょう。

便器の種類について

タンクレス便器

タンクレス便器



組み合わせ便器

組み合わせ便器



洗浄便座一体型便器

洗浄便座一体型便器



収納・手洗い一体型便器

収納・手洗い一体型便器

トイレリフォームの工事期間と費用相場

(1)工事期間

便器や便座を取り替えるだけの簡単な作業でしたら1日で完了します。
配管や内装を工事すると、数日ほどかかるケースもあります。

どういう工事をするかは個別の事情に左右されるので、専門業者に見積もりをしてもらう必要があります。

(2)費用相場

便器を取り替えるだけでしたら20万円もかからないでしょう。
洋式トイレが古くなったので取り替える場合や手洗い場を新しく設置する場合は、それなりの手間がかかるため50万円を超える費用がかかることがあります。

和式トイレを洋式トイレに変更すると高いコストがかかりますが、具体的な金額を知るには見積もりが必要です。

費用相場


せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ