信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2019.07.07

地震に強い家作りについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地震,耐震対策,リフォーム,リノベーション,地震対策

みなさん、こんにちは!リフォームメーカーの内山です。

 

東日本大震災をはじめ、最近では熊本地震や大阪北部地震や北海道胆振東武地震など大きい地震がありましたね。

地震大国の日本に住んでいる私たちですが今住んでいる家は大きな地震が来たら大丈夫なの?と不安になる方も多いでしょう。

今回はもしもの時のために耐震リフォームを行いたいけど、どうすればいいの?と思いの方へ耐震リフォームについてお話しいたします!

 

耐震強度

よくニュースなどで「耐震強度」と耳にするかと思います。

「耐震強度」とは、建築基準法で「震度5強程度の地震では、ほとんど損傷を生じず、震度6強から震度7程度の大地震でも人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じない強度を目標とする」と定められています。

 

耐震診断

耐震リフォームを行う前にまずは「耐震診断」を行いましょう!

耐震診断とは、地震に対する安全性を診断するものになり、ご自身で確認できる簡単なものからプロが診断するものまであります。

 

<耐震診断の流れ>

Step1. 誰でもできる家の耐震診断

Step2. 建築士が実施する一般的な耐震診断

Step3. 建築士が実施する精密な耐震診断

 

 

我が家の耐震診断(日本建築防災協会)

では、最初に自分でできる家の耐震診断を行ってみましょう。

下記の問診に「はい」であれば1点として、10問の合計点で判定してください。

地震,耐震対策,リフォーム,リノベーション,地震対策

地震,耐震対策,リフォーム,リノベーション,地震対策

 

 

 

 

※問10の布基礎とベタ基礎の違い

地震,耐震対策,リフォーム,リノベーション,地震対策

 

 

 

 

 

 

 

耐震の種類

耐震対策には大きく分けると3種類になります。

「耐震」「制震」「免震」になり、その3種類の説明をさせていただきます。

どの耐震対策が我が家に合っているかは専門家に診て判断してもらいましょう。

 

耐震

柱・梁・壁などを補強して、揺れに備える対策をします。

地震が来た際に建物が倒壊することを防ぎますが、建物が地面と強固に密着しているため、揺れがそのまま建物に伝わるデメリットを持っています。

 

耐震

ダンパーという部材を設置して揺れを吸収する対策法のことを言います。

建物の揺れ方は耐震と変わりませんが、振動を抑え、建物にかかる負担が低減するメリットがあります。

 

免震

建物と地面の間に免震装置を設置する対策です。

建物と地盤を話すことにより、建物に揺れを伝えにくくする方法として注目されています。

 

耐震リフォームの方法

 

・耐力壁・パネル設置

・防湿・防蟻処理

・耐震補強金物取付

・屋根の軽量化

・耐震シェルター設置

※費用は延床面積により異なるので、お問い合わせください!

 

耐震リフォームの流れ

 

問い合わせ

現地調査

耐震診断

耐震改修計画を立てる

見積もり依頼

施工

 

最後に

以前のブログ記事にて地震の保険申請についても書かせて頂いてますので、

地震保険についてはこちらをご覧くださいませ!

耐震対策についてわからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください!!

 

みなさんも地震対策を行い、安全なお家作りを行っていきましょう!

 

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ