信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2017.09.09

屋根工事 訪問販売員に指摘されて・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世田谷,リフォーム,カラーベスト
世田谷,リフォーム,カラーベスト

世田谷区N様邸

屋根施工事例
最近増えてきました飛び込み営業、「近所で工事していて気が付いたのですが、屋根が大変な事になっていますよ。」と言った人が来たのですが心配なので見て下さい。とのお問い合わせが多くなってきました。実際お伺いして屋根を見てみると、本当に危険な状態の時もあれば、何でもない事も多々あります。今回も顧客様から親戚の家に飛び込みの職人がきて、屋根が悪いから直さないといけない。と言われたので心配なので見て欲しい。とのご依頼がきました。日時を決め、お伺いし屋根調査を実施したところ、特に目立つ不具合はありませんでしたので、その旨を報告したところ、築年数も経ってるし、息子が住んでいくので、この際、工事をしてもらいたいが、提案して欲しいとのご要望で、屋根塗装、カバー工法、通常工法、断熱工法の4パターンの提案見積りを作成しご検討して戴いたところ、通常工法での工事となりました。

施工現場

世田谷,リフォーム,カラーベスト

こちらのお宅の屋根材はカラーベストでした。仮設足場を組んで、まず、既存の棟板金、板金下地、カラーベストを撤去します。瓦からの葺き替えになりますと、下地に12mm合板を貼ってからの施工になりますが、カラーベストの場合は既に下地に合板が使われている為、傷んでいない限り合板は使いません、せっかく軽量のガルバリウム鋼板屋根にするのに更に合板を使うと当然重量が増して軽量耐震屋根になりませんので。こちらのお宅の下地はしっかりしていましたので補修する事もなく作業を進められました。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

次の工程は、換気用の換気口を開けます。屋根裏の夏季の温度は想像を絶するほど高温になります。サウナのような室温になりますので、熱気をここから逃がし2階部分が少しでも快適に過ごしやすくします。設置不可能な場合を除いて標準設置しています。以前、アパートの屋根工事施工後、2階の住人様より、今年の夏は猛暑なのに、以前より暑くなりませんでした。と言われました、ありがとうございました。と大家様よりお礼の電話が入りました。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

既存の防水ルーフィングの上に新しいル0フィングを軒先から順番に貼っていきます。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

全ての屋根に防水ルーフィングを張りつめて役物を施工していきます。今回の施主様が選択した屋根材は、ニチハ製の横暖ルーフプレミアムSのグリーンをお選びになられました。どちらのお宅も外壁や屋根の色を決める決定権があるのは奥様の傾向にありますね。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

片面の屋根材を施工した写真です。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

換気棟の換気口はこのようになります。屋根のてっぺんに換気棟に合わせた寸法で開口します。換気棟は一般的に900mmと1800mmの二種類で棟の長さによってどちらか選択します。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

換気棟の内部構造が解ると思いますが、複雑な構造になっており熱気、湿気は放出しますが、強風を伴う雨でも浸入しない様になっています。黒く見えるのは、棟板金下地のタフモックです。通常は貫板と言う木材を使用しますが現在ではどこの施工会社でも樹脂製の下地材を採用しています。ガルバリウム鋼板屋根材とガルバリウム棟板金に挟まれた棟下地は内部結露が浸透するところがなく、下地が木製ですと浸透してしまい腐食してしまうからです。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

棟板金(棟包み)を施工したところです。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

換気棟カバーを取り付け完成です。

世田谷,リフォーム,カラーベスト

以前のカラーベストの時よりも雪が滑り落ちやすくなるので必ず雪止めも取り付けます。これでメンテナンスフリー、フッ素樹脂屋根ができあがりました。訪問販売でガルバリウム鋼板と言っても鉄板だから塗装した方がより長持ちしますから、塗装しましょう。と言ってくる人もいるようですが、30年くらいは塗装しない方が綺麗さが持ちますので塗らないでください。

お客様の声

きっかけは飛び込み営業の人から始まったけど、築年数の事もあるし、気にはなっていたので結果的には良かったです。とおっしゃっていました。

担当社員より一言

気にしている人は少ないと思われます屋根のリフォームですが何かきっかけがないと中々思い切りがつかないと思います、自分では見れない、見ても解らない屋根ですが住宅の中で基礎の次に大切な屋根ですので年に一度は点検された方がいいですね。今の屋根の現状が解っていれば、知らない人に指摘されても安心だと思います。 屋根工事は近隣の方にも多少なりともご迷惑をかけたりご協力がないと工事できません。だだ屋根が不具合で飛散しても近隣様にも大変ご迷惑をかける事にもなりかねませんのでもう少し屋根を気にされてはいかがでしょうか。施主様、近隣のみなさま、ありがとうございました。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ