信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2016.11.15

横浜市南区屋上防水工事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県 横浜市南区 某ビル

こんにちは。
リフォームメーカーの戸谷田です。
今回の案件はすでに雨漏れしていて、原因が外壁とドレンの取り合いの所が破損していたので壁の補修と屋上防水工事になります。

施工現場

左の写真が外壁と取り合い部分のドレンになります!

集水器を外してみると水も溜まってしまっていて、ジャバラ周りも少し劣化がみられたのですが交換は現状厳しかったので、塩ビパイプの内側にシールを裏打ちして付けました!

続いて、塩ビパイプ周りのモルタル補修していきます!!!

みなさん、実はこの作業すごい場所で作業中なんですよ!!
どんな所の作業中かといいますと、、、、、w

屋上から吊り足場を架けての高所作業なんです!!!!!!
見てるだけで足竦んじゃいますね。。。
話それちゃったので戻りまーす!

壁の補修が終わり、既存で付いていた集水器を戻し、壁との隙間にシールを打設し集水器まわりは完了です!
ここから屋上防水に入ります!

まず、全体の水洗いをして一緒に勾配がとれているかのチェックもしていきます!!

続いてパラペットにプライマーを塗っていきます!

パラペットとは:建物の屋上や吹抜廊下などの端の部分に立ち上げられた小壁や手摺壁。
扶壁(ふへき)若しくは胸壁(きょうへき)とも言います。
一般に木造の店舗などで、通りに面した部分だけ屋根を隠す形で外壁を立ち上げているものもパラペットと呼ばれています。

続いて平場にも塗っていきます!

立ち上がりにウレタンを塗布していきます!

平場にもウレタンを流していきます!

ウレタンとは:ウレタン結合が繰り返されてできる樹脂はポリウレタン樹脂と呼ばれ、弾力性のある樹脂として知られています。
一般に、イソシアネートとポリオールから作られます。
発泡性のポリウレタン樹脂は、スポンジなどに使われたりもしています。
ボーリングの玉も硬質のウレタン樹脂弾力があり、割れにくいという性質があります。

平場が流し終わったらしっかりと乾かさないと硬化不良をを起こしてしまうのでしっかり乾かします!

平場二回目のウレタンです!
一回目の時も同様ですが、ドレン前に水たまりができてしまったので厚めに流していき勾配を少しでも解消させていきます!

担当社員より一言

最後にトップを塗って完了になります!

今回の現場では吊り足場を組んでの作業でしたが、僕の担当の現場では初めてだったので良い経験になりました。
こういった少し特殊な工事も一度相談して頂ければ、状況にあったアドバイスもできると思いますのでいつでも、、、
ご一報をお待ちしておりま~す!!!
(写真スペースを使い果たしてしまったので最後の作業写真がこんな所にきてしまってすみません。)

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ