信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは

トタン屋根のメンテナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山下小百合邸_576

屋根と言っても色々な屋根の種類がありますが、今回はトタン屋根についてお話をしたいと思います。まずは昔ながらの波トタンの屋根、最近は少なくなりましたが以前は軽量や安価の為、使われていました、現在は雨音の問題だったり温度に敏感に反応してしまったり、定期的に塗装をしないと錆びて穴が開くこともあるので徐々に使われなくなりました。次に金属瓦棒葺きです、等間隔に屋根の上から下にかけて心木という縦地が入っているものですね、瓦棒は屋根勾配が少ない屋根に使われる事が多いです。しかし瓦棒も定期的に塗装工事のメンテナンスが必要不可欠になります。現在はガルバリウム鋼板を材料にしているたてひらのハゼ折板が多く使われるようになりました。ガルバリウム鋼板はTV番組のビフォーアフター内で匠が使い一躍知名度が上がりましたので多くの方がご存知だとおもいます。この他にガルバリウム鋼板を使った屋根材が数多く各メーカーから発売されていますね、横葺きが主流ですが和風なお宅様に瓦タイプの波形型も多くあります。ガルバリウムと多少違いのある海外の材料でジンカリウムという物も最近は使われる様になりました。お住まいの状況や今後のプランなどにより間違いのない屋根材選びをしたいですね、色や形だけで判断するのではなく予算や用途により一番いい屋根にしたいものですね。

 P1000529波トタン屋根 DSCF3379瓦棒屋根

P9020051たてひら屋根 DSCF2409横葺き屋根

山下小百合邸_576ジンカリウム材

今回はトタン屋根について書かせて戴きました、最後まで読んで戴きありがとうございました。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ