信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2017.05.01

通気工法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは。リフォームメーカーの戸谷田です。
今回は外壁や屋根に用いられる工法の『通気工法』の説明をしていきたいと思います。
通気工法は主に壁に使われている事が多い工法で『外壁通気工法』なんて聞いたことがある方も多いと思いますが、屋根にも施工できる工法なんですよ!

通気工法とは?

一言に通気工法と言われても馴染みのない人もいると思います!
通気工法というのは、室内から湿気が入り込んできたり、断熱材の不備や痛みなどにより発生する壁内(屋根内)結露を防ぐための工法の事を言います。
この壁内(屋根内)結露というものが起きてしまうと、壁内(屋根内)の木材の部材が腐ってしまい耐久性が落ちるだけにとどまらず、カビやきのこの温床となり異臭がしてきたり、放置しておくと腐食の原因にもつながってきてしまいます!
その結果、カビなどが発生していた場合、室内環境が悪くなったり、最悪の場合は体調が悪くなったりと体にも悪影響を及ぼすこともあります!
それらを防ぐ方法としては通気のまわりを良くすることが重要なのですが、木造住宅の構造上どうしても湿気などがこもりがちになってしまうことがあります!
その対処法として用いられる工法として使われているのが『通気工法』です!!
外壁材や屋根材との隙間を作ることによって、そこに空気の通り道を作ります!そうすることにより、壁内部・屋根内部の湿気などが外に逃げるようになり壁内(屋根内)結露が起こりにくくなります!
また、湿気を始めとした空気は2箇所以上の外部との接点がなければ循環しませんので、外部からはいった湿気を外に逃がしつつ雨が入り込まないようにする工夫が必要なのですよ!

弊社では、よく屋根の葺き替えの際に使うことがあるので、施工工程などリフォーム事例で紹介していますので、興味がある方はのぞいてみて下さい!!!

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ