信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは

横浜市保土ヶ谷区 一般住宅 屋根調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神奈川,横浜,雨樋,屋根,外装

こんにちは。街のリフォームメーカーの竹田です。

屋根、雨樋調査

今回は、保土ヶ谷区にある一般住宅の外装調査に伺わせていただきました。

今回の調査は雨樋の破損を気にしていたご主人様からのご依頼でした。

雨樋の破損は知っているけど、屋根の状況は家を建ててからずっと見ていないから

そちらも調査して欲しいとの要望でした。

調査写真①

神奈川,横浜,雨樋,屋根,外装

 

 

こちらが被災のあった雨樋です。

 

 

雪の落下により雨樋に負荷がかかり変形してしまっているのが分かります。

こちらも、自然災害での影響になるのでモチロン火災保険の対象です。

雨樋の破損は知っていてもすぐに影響が出るわけではないし、修理するのに高額な費用がかかるとなると気にはなるけど、そのままにしておいた。という方が多いようですね。

今回、調査を伺ったお宅もそのようでした。ですが、火災保険の補償で修理が可能ということを教えてあげたら、大変よろこんでおられました。

調査写真②

神奈川,横浜,雨樋,屋根,外装

 

 

 

 

 

こちらは、ベランダの上の屋根になります。所々に穴が空いているのが見受けられます。

これは恐らく、雹(ひょう)が降った際に穴が空いたと思われます。

ベランダの上は明り取りのためにこのタイプの波板を使ってる家が多いのですが

材質的にはあまり強度はないので雹によって破損してしまいます。

ですが!こちらも雹という自然災害なのでモチロン火災保険の対象です。

調査写真③

神奈川,横浜,雨樋,屋根,外装神奈川,横浜,雨樋,屋根,外装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、実際に屋根の上に登って点検した際の写真になります。

隅棟の雁振(がんぶり)瓦が割れて飛んでいました。運良く雪止めで止まっていましたが

万が一、落下して通行人にでも当たったら大問題です!

早期発見できて、良かったです!

こちらの破損は恐らく経年劣化によるものなので、保険金は下りないのですが

雨樋などを修理する際に足場を保険金内で組み上げるので

普通に修理を頼むより足場代などの負担がなくなるので

その分、工事代を安く済ませられますよね!

調査結果

これらの調査を経て、雨樋の曲がりなどは自然災害での被害になるので

依頼主様には「現在ご加入中の火災保険での保障内容の強風災害被害になる」

旨をご説明させていただき「保険で直るなら是非修繕をお願いしたい!」という事で

保険の申請手続きに移行させていただきました。

申請が完了し保険金が入金され次第、工事の打ち合わせ・着工に移りたいと思うので

また今後の進捗により引続き紹介していきたいと思います!

神奈川,ドローン,屋根,雨樋,外装

 

あなたの一言が周りを救う

現在、火災保険で屋根や雨樋等が直せることを知らない人は、まだたくさんいます。

火災保険の加入の際にはそこまで詳しい説明もありませんし、

保証内容を詳しく確認する方も少ないというのが現状です。

知らなければ一生保険で直すということは出来ませんし

もし知っていたり誰かに教えてもらえれば無駄な出費をせずに修理が可能です。

もちろん自分も会社に入ってから教えてもらったことであり

たくさんの人に浸透していけばもっと皆様の住みよい暮らしが出来ると思っています。

この記事を見た方は是非、ご家族や知人の方に教えてあげてください。

あなたの一言がお知り合いの助けになるかもしれません。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ