信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2017.05.18

屋根リフォーム 金属瓦棒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え
横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え

神奈川県藤沢市O様邸

今回は、下屋根の金属瓦棒屋根の通常葺き替えです。今までに塗装を繰り返したり、部分的に張り替えたりしてきましたが、きりがないのでいっその事、葺き替えてしまった方が後々の事を気にしないで過ごせるから、お願いします。という事で工事になりました。下屋根なので2階の窓から傷んでいるのが見えて、何とかしたかったそうです。2階の屋根はカラーベストで今のところは問題がないので下屋根のみの工事を施工させて戴きました。

施工現場

横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え

既存の瓦棒を剥がしていきます、解体作業の時に、何度も重ね塗りをしていた塗装がボロボロ剥がれ落ちました。剥がれた塗装の下は錆がありましたのでこちらの屋根は限界に達していたと思います、このままですと、いつかは雨漏りは逃れられなくなっていたと感じました。本当に屋根という箇所は気が付きにくく、雨漏りしてから大変な事になっている事に気が付きます。雨漏りした場合、すぐに工事が出来ない場合もありますので、日ごろから定期的な点検等が必要不可欠となります。

横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え

既存の野地板のチェックです。こちらのお宅の野地板はバラ板というものが使われていました。 ※バラ板とは  バラ板は幅が約90mmから120mmの屋根の下地材のことです。
「小幅板」「荒野地」とも呼ばれています。
その他、主にスライスされた杉材が用いられているため、「杉板」とも呼ばれています。
約40年近く昔の戸建て住宅の屋根の下地はバラ板が主流でした。
バラ板は隙間を設けて施工します。
幅が狭く通気(隙間)が確保されたバラ板は湿気による影響が受けにくく乾燥しやすいため、腐食の防止が最大限に活かされていました。
しかし、下葺き材の防水機能が進歩したことで、現在では屋根にバラ板を使用するケースはほぼありません。

横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え

バラ板の上に構造用合板の12mmを貼っていきます。現在は屋根の下地材は構造用合板による施工が中心になっています。構造用合板は施工が容易で、耐震補強としても利用できるメリットがあります。新しく葺く屋根材はスタンビーを採用する為、釘で止めるときバラ板の隙間(通気用に空けてあるところ)に位置が合うと止める事が出来ない為、合板で隙間をなくします。断熱効果や防音効果も上がります。

横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え

新しい防水紙のルーフィングを貼り、屋根材を端から順番に葺いていきます。スタンビーは以前の瓦棒と違う点は鋼板がガルバリウムを使っているのと一枚一枚の間に木材の心木(45×40)が無く容易に嵌合でき、木材が無い為、腐食も心配ありません。

横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え

屋根材を全て葺き終ったら次は棟下地のエコランバーを施工していきます。雨風・太陽熱・酸性雨など直接受ける過酷な環境の屋根廻りの下地材で70℃以上の熱にも耐える事が出来ます。また腐食していても棟板金で覆われている為、確認する事さえできませんので、樹脂製のエコランバーが安心です。

横浜,藤沢,リフォーム,雨漏れ,葺き替え

完成です。こちらのお宅は国道43号線からよく見えるので通る方は、ずいぶんイメージが変わったと気が付かれるでしょう。雨樋もかなり傷んでいましたので交換工事も合わせて施工させて戴きました。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ