信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは
2019.09.27

エコキュートとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エコキュート,電気温水器,オール電化,メリット,デメリット

みなさん、こんにちは!街のリフォームメーカーの内山です!

オール電化住宅が増えている中で最近、エコキュートに入れ替える方が増えてきていますが、

皆さんはエコキュートをご存知ですか?

名前だけは聞いたことあるという方も多いと思います。

なので、今回はエコキュートについてお話しさせていただきます!

 

エコキュートとは?

ヒートポンプ技術により空気の熱でお湯を沸かすことができる電気給湯器になります。

その中でも大気熱を自然冷媒である二酸化炭素に集めて、その熱によってお湯を沸かす機種を「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」という名称で呼ばれています。

また、エコキュートの由来としては地球にやさしく、エコロジーであることから「エコ」、給湯をもじって「キュート」を合わせて「エコキュート」と名付けられています。

エコキュートは日本の電気会社・給湯器メーカーが使用している愛称で関西電力の登録商標となっています。

エコキュート,電気温水器,オール電化,メリット,デメリット

エコキュートのしくみ

大気中の熱をくみ上げるために電気のエネルギーを使います。

くみ上げた熱をヒートポンプ内で圧縮・高温化し、貯湯タンクからの水を水熱交換器で温めてお湯を沸かすしくみです。

CO2の排出量を抑え、環境に配慮した給湯器となっています。

エコキュート,電気温水器,オール電化,メリット,デメリット

自然冷媒とは

一般自然界に存在する物質で可燃性、毒性もありません。

また、加熱能力に優れているため外気温が-10℃と低くても高温での貯湯が可能で高温沸き上げに適しています。

※外気温の最低気温が-20℃を下回る地域は屋内設置タイプを使用してください。

 

設置について

エコキュートは貯湯ユニットと室外機のヒートポンプユニットの両方を設置する必要があるので、電気温水器より大きなスペースが必要となります。

※住宅によってはエコキュートが設置できないケースもあるのでご注意ください。

 

エコキュートのメリットポイント

Point1 たっぷりお湯が使える

過去の使用量をベースに一日に必要な貯湯量を考えて運転します。

Point2 省エネ

エネルギー効率に優れたヒートポンプを採用しているため電気エネルギーで約3倍の熱エネルギーを得ることが出来ます。

Point3 同時に使用しても安定した湯量

タンクにたっぷり貯めているので、キッチンとバスルームを同時に使用していても湯量は常に安定しています。

Point4 外気温-20℃でも快適給湯

外気温が-10℃~-20℃でも高温沸き上げによる給湯が可能なエコキュートもあります。

Point5 非常時には生活用水として活用

「安心コック」からタンク内の湯水を直接取り出して使用することが出来ます。

 

エコキュートのデメリットポイント

Point1 エコキュート設置スペースが必要

Point2 長時間の低周波騒音

Point3 水圧が弱い

Point4 導入コストが高い

Point5 通常以上に使用するとお湯切れを起こす

 

エコキュートの機能

フルオートタイプ

ボタンひとつでお湯はり、保温、足し湯、追い焚きなど自動で行ってくれます。

オートタイプ(セミオートタイプ)

ボタンひとつでお湯はりが可能。フルオートタイプと比較すると大変リーズナブルな値段。

給湯専用タイプ

蛇口から給湯するシンプルな給湯スタイルで、安い価格や設置が簡単。

 

電気温水器との違い

電気温水器のしくみ

電気温水器は電気ヒーターでお湯を沸かし、お湯をタンク内にためておくことでいつでもお湯を使うことが出来るしくみです。

ガスを使用しないので、電気代のみかかる形になります。

 

設置について

電気温水器を設置するには、専門業者に依頼する必要があります。

また、場合によっては住宅の補強工事をしなければならないこともあります。

設置について、水を貯めるタンクを設置でき、重量に耐えられることが条件になり、屋内または屋外どちらでも設置可能となります。

 

電気代コストについて

エコキュートは設置費用がかかるので、電気代が非常に安くなり、電気温水器の1/3程度の電気代になると言われています。

エコキュートの最大のメリットは安い夜間電力を利用してお湯を作ることです。

ご家庭によって使用する時間が異なりますので電気会社にてプランを調べ、ご自身の生活に合ったプランを設定することで電気代を大きく節約できます。

また、電気温水器と違いヒートポンプ技術でお湯を沸かすので電気代を抑えられます。

 

電気温水器はガスや灯油よりも電気代が安く済みます。こちらもプランによって料金が変わりますのでご自身の生活に合ったプランを決めましょう。

注意点として、エコキュートよりは値段が上がってしまうのが特徴です。

エコキュート,電気温水器,オール電化,メリット,デメリット

最後に

エコキュートについてシステムなど分かりましたでしょうか?

私の家は集合住宅ですが、エコキュートを使用しています!

特に不便もなく、今までのガス使用シャワーと同じように使用できていますが、ただ少し水圧が弱いかなとは感じました。

設置金額は分からないのですが、オール電化にしては毎月の使用金額が少ないとは感じました!

 

ちなみにあまり使用しないとは思いますが、エコキュートの最大温度は90℃まで上がるので普通のガスよりは温度設定の幅は広がりますね。

これを機会に毎月の使用料金を抑えたい、環境を考えたい等ありましたらエコキュートに入れ替えするのもいいかもしれませんね!

エコキュート,電気温水器,オール電化,メリット,デメリット

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ