信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは

屋根工事 カラーベストカバー工法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新居 邸_2060

保土ヶ谷支店の福本です!

今回はカラーベスト屋根のリフォームの紹介をさせて戴きます。屋根材は和瓦、洋瓦、セメント瓦、カラーベスト、金属瓦棒、トタン屋根、陸屋根、藁葺き屋根(今はあまり見ませんね)など、いろいろな種類がある中で現在は大半を占めているカラーベスト(コロニアル同様)屋根のリフォームです。

DSCF6474   DSCF6475

当社では3パターンの屋根工事を用意していますのでご予算や快適性や2代目3代目まで住む予定、等プランをおうかがいして適切な工事方法をご提案させて戴いています。今回は工事期間も少なく廃材も最小限に抑え費用も抑えたカバー工法工事になりました。

新居 邸_502   新居 邸_2945

まず既存のカラーベスト屋根の棟板金、雪止め金具を取り外してからアスファルトルーフィングSELFを貼っていきます。

新居 邸_5190   新居 邸_1852

続いて谷板金や軒先唐草などを取付、軒先からガルバリウム鋼板『ニチハ横暖ルーフハイブリッド』を葺いていきます。

新居 邸_8498   新居 邸_1970

棟板金下地は当社の標準仕様のエコランバーで耐久性や板金飛散防止につなげます。

新居 邸_8928   新居 邸_2060

これでメンテナンスフリー屋根の完成です。

DSCF6477   新居 邸_1846

施工前との比較です。

冒頭に3パターンの方法と書きましたのでカバー工法以外の施工方法の説明を致します。

①カバー工法:既存の屋根を残したまま、文字通りカバーする施工。(瓦屋根は不可能です)

②通常工法:既存の屋根材を撤去、処分して葺く施工。(瓦屋根はこちらですね)

③外断熱通気工法:既存の野地板(下地)の上に垂木と同じ位置に桟木を打ち、その上に構造用合板を止め防水紙を貼   りガルバリウム鋼板を葺いていく工法。サイズ的に可能であれば全ての工法で換気棟を設置しています。

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ