信頼と実績のリフォーム専門店・街のリフォームメーカー

横浜でリフォーム・リノベーションするならライフィットホーム
24時間受付通話料無料
エーステクノとは
エーステクノとは
エーステクノとは

屋根工事 金属瓦棒からスタンビー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
P9020050

保土ヶ谷支店の福本です!

今回のご紹介は既存は金属瓦棒です、瓦棒とは

金属板を用いて屋根を葺くときの方法の一つ。屋根の流れの方向に一定間隔で桟を裏板の上に打ち付け、裏板の上に金属板を敷き、桟の上にも金属板をかぶせる。この桟の事を瓦棒という。瓦棒を用いない平葺きに比べて、温度変化による金属板の伸縮を瓦棒の間で吸収できる。また、間隔を金属板の幅以下の寸法にしておくと、金属板の流れ方向の継手がなくなるので、雨仕舞に優れる。

という事です、勾配のゆるい屋根の場合は雨が横走りして雨漏りを発生させてしまう為に縦方向(上から下へ)に施工するのが一般的です。波トタンも同じですね。

dscf3373

既存の屋根の状況です、一見なんでもなくまだまだいけるっ!ってかんじですね。

dscf3375 dscf3377

よく見ると錆が散見できます。この小さな錆が始まりで放置しているとドンドン大きくなり塗装では補修出来ない状態になりかねません。

dscf3396 dscf3382 

他にもこのように棟板金を止めている釘や、瓦棒を止めている釘が抜けていました。この状態で台風や突風が吹くと飛散する危険性があります、近隣宅へご迷惑をかけてしまうことになりかねません。

そこで今回は、この屋根材を剥がして新しい屋根材に葺き替えました。

p8290038 dscf3615

棟板金を外し、合羽を外していくと

dscf3616 dscf3620

心材の先が腐食していてまるで炭のようになっていました。さらに

p8290039 dscf3570

屋根の角の下地が大変なことになっていました。

dscf3577 dscf3580

下地を補修して防水のアスファルトルーフィングを施工していきます。

p8290041 p8290042

その上に新規の屋根材スタンビーを葺いていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

p9010045

この屋根材は先ほど炭化していた心材がなく、隣の材料とはぜにて結合している為、雨の浸入や心材が無い為、腐食するという心配が無くります。

p9010049 dscf3629

棟板金下地は当社の標準仕様のエコランバーで耐久性、釘抜け防止を高めます。

p9020050 dscf3630

仕上がりです!

今回の依頼者様は、悪くなってからではなく、予防も含めて、今後、安心して過ごしたい、とのご要望から全面葺き替え工事になりました。とてもお住まいを大切にされている様子が伺えましたので弊社としても気合を入れて施工しました!(いつも気合は入っていますが、さらに、です)     なかなかご自分でも見る事が出来ない屋根、見てもよく解らない屋根、傷んでからでは大変な屋根、でもお住まいの中で一番大切な屋根、弊社が皆様に代わって高い所に登り、チェックいたします。

現在は、波トタンから波トタンへのカバー工事をおこなっています。

☆スタンビー

嵌合部は毛細管現象を防ぐ構造で、屋根材の基本性能である高い防水性を備えています。

各部の納まりに対応した標準役物部材で、施工の省力化を実現します。

吊子レスで施工は軽く踏むだけで嵌合します。

 

 

せっかくのリフォームだから…安心して信頼できる企業に頼みたい

まだ検討中なのだけど…親身に相談を聞いてほしい

いくらかかるか不安…見積もりだけでもとりたい

施工後の保障やアフターフォローをしっかりしてほしい

街のリフォームメーカーは、スピーディー・親身にどんなご相談にも対応します!

お問い合わせはこちら
リフォームの流れ